2017年12月10日

No.1801. 感覚的気づきの探求

『感覚的気づきの探求』というのは、フェルデンクライス メソッドや、アレキサンダー テクニーク など、Somatic Education 根底に流れる源流のようなもの。


 いまここで、自らの五感で感じていることに注意を向けていきます。
 からだの重さだったり、圧力だったり、大きさや、柔らかさだったり、四肢の動きや内側の動き。鼓動や呼吸。温かさ、冷たさ。匂い、味、、、。
 なんであれ、いつも感覚を通して感じてはいるけれどもあまり顧みてこなかったことに注意を払い、気づくことをします。



 いまここにいる自分自身が感じている「当たり前なこと」に気づく、とっても「特別」なワークと言えるかもしれません。こうなるはず、こう感じるはず、こう感じるべき、、、知ってるつもり、分かってるつもり、、に気づかせてくれるワークでもあります。


 僕にとっては、ただただ今の自分自身が感じてることに気づくことで、素の自分に出会わせてくれる。色々なフィルターを通さずに、直に世界と出会うきっかけを与えてくれたワークです。


2017秋に開催されたジュディス先生の sensory awareness のワークショップ逃した人には、それがどんなものかその一端を感じてもらえることでしょう。


 このワークは、エルザ・ギンドラー(1885-1961)によって20世紀初頭にベルリンで始められた ものです。ギンドラー自身はこのワークに名前をつけていません。ドイツで生み出され、発展していったさまざまなワークの創始者たちの多くが、ギンドラーと彼女の協力者であるハインリッヒ・ヤコビに学んでいます。フェルデンクライス メソッドの創始者、モーシェ・フェルデンクライスもその一人です。


ジュディスさんは、nothing special なものに注意を向ける special なアプローチという言い方をされます。センサリー・アウェアネスは、特別な体験に焦点をあてたり特定の技法を訓練したりするものではありません。日常の体験にただ注意を向けるという点で は”nothing special”なのですが、余計な計らいなくただ在ることで直かに世界と出会うことのできる、とても”special”なアプローチとも言えます。ジュ ディスさんが”This is nothing special, but very special”と言うとき、そういう意味合いが込められているように思います。
(センサリーアウェアネス・ジャパンのHPから引用)


 日時: 1/8(月曜日、成人の日) 10:00 〜13:00
 場所:パラディテレステ 3F (大阪市北区)
 定員:10人(それ以上は部屋の変更あり。最大20人。最小催行人員あり)
 参加費:4000円。(当日お持ち下さい。)
 
 申し込み、問い合わせ:予約して下さい。場所の変更や突然のキャンセルなど連絡に必要です。
 somatic_education★mac.com 又は、090-3614-6269 西岡寛
 (★ は @ に置換えて下さい。)

【キャンセル・返金】
・ワークショップ当日から起算して1週間前までにキャンセルされた場合は、お振込金額から手数料500円を差し引いた金額を、ご指定の口座に返金いたします。返金には数日〜1週間程度の時間をいただきます。
・ワークショップ当日から起算して1週間前を過ぎてのキャンセルにつきまして。 前日までは半額を振込手数料500円を差し引いてお返しします。 当日は、返金できませんのであらかじめご了承ください。
posted by kansan at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | からだの勉強会

2017年10月13日

No.1711. パソコン、タブレットに負けない「からだの使い方」



 パソコン、タブレット、スマホなど、楽に問題を引き起こさずに、使うために知っておくべきからだの事。


あなたがもし、

肩こりや首の痛みで毎週の様に整体に通っているなら、
仕事の後、肩こりや偏頭痛に悩まされているなら、
疲れて早く週末が来ないかと切望してるなら、
それは、あなたの気づかぬ癖と深い関わりが、、

どうぞ覗いてください。
お役に立つことでしょう。


長時間パソコンやタブレットを使って、しんどいと感じてる人。
腰痛や肩こりを抱えている人。また、そんな人を助けたい人。
パフォーマンスを上げたい人。


そんなあなたに役立つクラスです。



 からだの解剖、骨格などからだの仕組みを知った上でレッスンすれば、とっても効率よく、良い からだ の使いかたを身につけられます。


 ご自分のノートパソコンやタブレットを持ってきていただいて、その使い方をしっかり観察して、その改善を図ります。



 見て、触って、感じて、考えて、確かめて行きます。

 思いがけない癖に気づいて、そしてそれが大きく影響してる事に驚くかもしれません。意識していなかった意外な思い込みが表れて来るかも知れません。いずれにしても、からだが疲れにくくなって楽になって、能率も上がるのはほぼ間違いありません。


 自分自身に注意を向けて、観察して、そしてお互いさまで観察しあって、触れてみて、学びを深めて行きましょう。。
どなたでも からだ に興味のある皆さんにお勧めします。



 日時: 11/3(金曜日、文化の日) 10:00 〜13:00
 場所:パラディテレステ 3F (大阪市北区)
 最小催行人員:3人
 参加費:5000円。(当日お持ち下さい。)
 
 申し込み、問い合わせ:予約して下さい。場所の変更や突然のキャンセルなど連絡に必要です。
 somatic_education★mac.com 又は、090-3614-6269 西岡寛
 (★ は @ に置換えて下さい。)


 【キャンセル・返金】

・ワークショップ当日から起算して1週間前までにキャンセルされた場合は、お振込金額から手数料500円を差し引いた金額を、ご指定の口座に返金いたします。返金には数日〜1週間程度の時間をいただきます。

・ワークショップ当日から起算して1週間前を過ぎてのキャンセルにつきまして。 前日までは半額を振込手数料500円を差し引いてお返しします。 当日は、返金できませんのであらかじめご了承ください。

posted by kansan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | からだの勉強会

2017年09月26日

No.1710. 『手で人に触れる』


 やさしく撫でられて心が和んだことはないだろうか、
安心な感じや、愛に包まれた感じは?
落ち着いた、静かな『手』、慈愛に満ちた『手』、
実はそんな『手』も学べるのです。


 『手』を仕事で使う人たちにとっては、『手の使い方』は、とっても大事。
例えば、人に触れる事を仕事にしている人は、どんな風に手を使うかで、
相手が安心してリラックスできたり、反対に緊張して固くなったりするのを経験して来ただろう。
例えば、演奏家は『手の使い方』で、音 が変わってしまうのを知っている。

 本人も気づかない間に『手の使い方』が原因で、パフォーマンスに悪影響を及ぼすだけでなく、からだを痛めることも。



 今回は、『手』で『人に触れる』ことを見ていきます。

  • 触れている時、何を感じているのか、どんなふうに触れているのか?
  • 触れられている人には、それがどんな影響を与えるのか?
  • ただ、触れられているだけなのか?

 そして、もちろん、それは、手の使い方を改善するでしょう。それは『手』を介在するあらゆることによい影響を与えるでしょう。





家族に触れるとき、最愛の人に触れているとき、
あなたは何を感じているのだろう?

あなたの手は相手にどんな感じを与えているのだろう?

相手のからだは、強張ったりしないだろうか、安心した感じでゆったりとするだろうか?




  • 初めは、よくする『手で人に触れる』ことを使って『触れる』ことを見ていきます。
  • そして、感じていることに耳をすませていきます。
  • それぞれの課題や、やって見たいことを例に、より深めたり課題の解決を探します。





『手の使い方』を改善するということは、
実は『自分自身の使い方』を改善するということ。



意外と奥が深い。




 私たちはたいてい、ほぼ無意識に、『手』を使っている。
『手』そのものよりも、たんなる道具として使っていて、
仕上がりには興味を持っていても、
『手』そのものや、それが感じていることには、それほど注意を払っていないのではないか?


そこに取り組むなら、体験がそのものが深まる。
充実感が得られる。もちろん仕上がり自体もよくなる。




こんな人にお薦めします。
  • 『手』で人に触れることが仕事の人
  • 家族にパートナーと、触れることで繋がりたい、交流したいひと
  • いらいらしない手、安心される手になりたい人
  • 『手の使い方』が何となくしっくりこない人、また問題を抱えている人に




自分自身で、、、先生にも少し手伝ってもらって、やってみよう!

もっと『楽に』、もっと『深く』!!!


日時:10/9(月曜、体育の日) 13:00 〜16:00
場所:パラディテレステ 3F (大阪市北区中崎2-3-12)
参加費:4500円 (午前のATM参加者は500円割引)
定員: 15人、最少催行人員3人
締め切り:10/5 (10/1から変更)
申し込み、問い合わせ西岡(click!)

posted by kansan at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | からだの勉強会