2015年03月05日

No.1502.『座って仕事をする人のために』その1 楽に座るために必要なこと。

 長い時間、座って仕事したり勉強したり、そんな時、座るのが辛くて、

もっと楽に座れたら良いのに

と思うことはありませんか?

 久しぶりの からだの勉強会 では、多くの人が一度は問題を感じる、『座る』を取り上げます。

上手く座れたら、こんなふうになると思いませんか?

一日の終わりがもっと楽になるだろう、

仕事の能率がぐっと上がるかも知れない?

演奏が変るかも知れない?



 そんなあなたに、楽に快適に座るために大切なことを、出来るだけ簡単に体験的にお伝えします。

必要最低限のからだの仕組み、例えば骨格や筋肉の付き方と働き。
それを実際に自分自身のからだで確かめて、人のからだでても確かめて。
どんな風にからだはできているのか、動くのか、寝て座ってとっても楽に。
どう座れば楽なのか、腰痛を防ぐために大切なことは何なのか、
ちょっとしたコツと共に学んでみませんか?



  日時:5/4(月曜) 13:00 〜16:00
  場所:パラディテレステ 3F (大阪市北区中崎2-3-12)
  参加費:7000円 (定員 15人)
  締め切り:4/30 (3月中の申し込みは早割で-500円、午前中のATMクラス参加者は-500円)
  申し込み、問い合わせ:西岡(click!)

 耳は忘れ、目はうつろい、行えば悟。
Moshe Feldenkrais

2014年08月12日

No.1501.『身体構造と自由な動き』 No.1(アレクサンダ- & フェルデン & ロルフ博士の構造統合法(S.I.)



 ワークショップでは、脊椎・胴体の動きを取り上げ、参加者の皆さんの現状の動きをお互い観察したり、その可能性や改善の 方法を探って行きます。アレキサンダー テクニーク(特にアクティビィティワーク)やフェルデンクライス メソッド、 ロルフ博士の構造統合法(Structural Integration (S.I.) )がどんなものか、少し体験してもらえます。また、その違いを目の当たりに出来る又とない機会となるでしょう。
 そして、腰痛や背痛、首の問題への理解が深まり、場合によっては解決のヒントも得られることでしょう。

 みなさん、奮ってご参加ください。

(ブルース先生はアクティビィティワークの大御所です!)


アレクサンダー・テクニーク、フェルデンクライス・メソッド、ロルフ博士の構造統合法( S.I. )の資格を有する西岡寛と、アレクサンダー・テクニーク教師の資格を有し、長年にわたりアレクサンダー・テクニーク教師の育成をしているブルース・ファートマンが初コラボするワークショップです。

アレクサンダー・テクニーク、フェルデンクライス・メソッド、S.I.のアイデアや技術を繋ぎ合わせ、身体構造と自由な動きについて学びます。第1回目は頭−背骨−骨盤に焦点をあて、動くためにデザイン(身体構造)と、それを元にした自由な動きとは何かを体験を通して学んでいきます。



Information

◆日時  : 2015年1月17日(土) 10:00〜17:00(受付 9:45〜)  1月18日(日) 9:30〜16:30
◆会場  :エルおおさか(最寄り駅:大阪市営地下鉄・京阪「天満橋」)
◆対象  :セラピスト、ボディワーカー、スポーツトレーナー、その他、アレクサンダー・テクニーク、フェルデンクライス・メソッド、S.I.、ロルフィングを学んでおられる方、
◆参加費 : 30000円
◆定員  : 20名(先着順)
◆申込み :1)氏名、2)連絡先(メールアドレス)、3)職種を明記の上、Eメールにてお申込み下さい。
申込み先:somatic_education@mac.com(西岡寛)


posted by kansan at 11:40 | TrackBack(0) | スケジュール

2012年07月26日

No.1207. 『手の使い方』 (手の構造と動きの基本)

 

 『手の使い方』は、ほとんどの人にとって、特に意識するような事ではないかもしれない。『手』は大人になった今では、当たり前のように使えて、しかも違和感無く、特に改善の余地など無いように思えるかもしれない。手首や肘、指先に痛みや違和感を感じて、初めて『手の使い方』がおかしいんじゃないかと、問題に感じ始める。

 

 『手』を仕事で使う人たちにとっては、『手の使い方』は、とっても大事だ。 例えば、人に触れる事を仕事にしている人は、どんな風に手を使うかで、相手が安心してリラックスできたり、反対に緊張して固くなったりするのを経験して来ただろう。 例えば、演奏家は『手の使い方』で、音 が変わってしまうのを知っている。もちろん主婦にとっても、家事の出来映えに、効率に大いに関わってくる。

 本人も気づかない間に『手の使い方』が原因で、パフォーマンスに悪影響を及ぼすだけでなく、からだを痛めてしまう事もある。

 『手の使い方』を改善するには、根気よく取り組む必要がある。『からだの勉強会』では何回かに亘って、『手の使い方』を見ている。


 今回は、『手の使い方』に関わる、構造と動きの基本を、実際に からだ を使い、体験的に学ぶ。それは、『手の使い方』を改善する事につながり、『手』を使うあらゆるパフォーマンスにいい影響を与えるだろう。


 一般に『手』の構造や使い方を意識する事はほとんどない。が、無意識のうちに自分なりに『手』の構造や使い方を知っていて、そのように使っているようだ。ただその「自分なり」は人に依ってだいぶ違うようで、手の使い方の優劣やからだ全体のパフォーマンスに大きな影響を与えている。今回、『手の使い方』に関わる、構造と動きを、基本的な事から見直して、参加者それぞれのパフォーマンスの改善につなげていく。


始めて参加を考えている皆さんにも、ちょうどいいクラスになるでしょう。お勧です。

午前の ATM もウォームアップに役立ちます。合わせての参加をお勧めします。


 気づいていない事に気づいて、忘れてしまっている”からだ”を思い出して、『手の使い方』を改善していきましょう。そして、『手の使い方』に関わるさまざまな活動、対人援助、ダンスや、演奏などパフォーマンスを改善しよう。


  『手』を仕事で使う人たち、

  パフォーマンスをあげたい人、

  『手の使い方』が何となくしっくりこない人、また問題を抱えている人にも、

  お薦めします。


役に立つ、ちょっとしたコツや、新たな気づきをもたらす事でしょう。

もちろん、仕事や演奏など、パフォーマンスの向上をもたらすでしょう。

 

 

自分自身で、、、先生にも少し手伝ってもらって、やってみよう!

もっと『楽に』、もっと『美しく』!!!

 

  日時:8/20(月曜) 13:00 〜16:00

  場所:パラディテレステ 3F (大阪市北区中崎2-3-12)

  参加費:7000円 (定員 10人)

  締め切り:8/13

  申し込み、問い合わせ:西岡(click!)

posted by kansan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール